オフィスにおいて、どれくらい複合機械が必要か

どこのオフィスにも必ずあるものの中の一つに、複合機が挙げられます。それは、大きなものから小さなもの、また、複雑な機能までついたものから、シンプルな機能のみを搭載したものまで、会社によって様々です。では、オフィスには、いったいどれくらいの複合機が必要なのでしょうか。これは、その会社の規模や、それを使う頻度がどれくらいなのかにもよるため、会社によって様々ですので、一概にいうことはできません。例えば、小さな会社であっても、たくさん紙を印刷したりする機会がある会社であれば、一台だけでは、到底足りないでしょう。また、逆に、大きな会社で、従業員がたくさんいる会社であったとしても、そこまで紙を印刷したりすることがないようであれば、一台だけでも、事足りるでしょう。最近では、一人一台パソコンが与えられ、会議などでも資料が配られず、パソコン上で見ながら、というところも多いです。

オフィスでの複合機の需要は少なくなりました

以前は会議などの資料など参加する方々に配らなくてはならなかったのでオフィスでの複合機は必ず必要性が有りましたが、近年パソコンの普及に当たり全てご自分多とのパソコンの中に資料が保存してありますのでコピーをした資料は必要が無くなってきました。しかしまだ全ての面でパソコンのみに頼れない物もありますのでどうしても複合機は必要とされています。ただ以前のように使用回数などが減っている事は事実です。今まではFAXしていたものも必ずコピーした物で送っていましたが、今では多くの方がメールを利用し相手に情報や必要事項を流している時代になりました。複合機も白黒コピーからカラーコピーが出来るように大変進化はしていますが、現在はパソコンやオフィス街でもスマホなどで要件を済ませる事が出来る用になって来ていますのでオフィスなどでの需要は今後も減っていく様な気が致します。

オフィスで使用される複合機とは

複合機とは、プリンターやコピー、スキャナおよびFAXなどの複数種類の機能を併せ持つ機器のことを意味します。デジタルおよびプリンター複合機と呼ばれることもあり、主にビジネス用にオフィスで使用されることが殆どです。画像データのデジタル処理化によって製品化が可能になり、FAXなどのデータ送信を紙ベースではなく、PCから直接送信および取り込むこと等が、大きな特徴です。多くの電気メーカーで製造および販売されています。その価格は、様々な機能を併せ持つ性質から高額になる為、リース契約で使用することが殆どです。また、高性能の機能ゆえにメンテナンスも定期的に必要になることが多く、大型の場合は、保守契約も併せてすることが普通です。場所を取らず、機器のランニングコストが安いことがメリットですが、故障や修理が必要な場合は、すべての使用が出来なくなってしまうことがデメリットとしてあります。